クレジットカードの在籍確認はなぜするの?

カードの申し込みをすると、必ず在籍確認をするようになっていますが、なぜするようになっているのでしょうか?
楽天カードなどは在籍確認なしでクレジットカードを発行してくれますが、他社では必ず確認をします。
それは、書類に記載してある事が本当なのかどうか確認をするためだと言われています。
本当は無職であるのに偽って勤務していると言う人に、クレジットカードを発行するわけにはいきませんからね。


会社の都合でクレジットカードが作れない人も?

実は近年になってから、会社の都合で在籍確認が取れなくなって落とされてしまう人も多くなっているようです。
個人情報の取り扱いに対して会社が厳しく、在籍確認の連絡をしても取り次いでもらえないことが増えてきているみたいなんですよね。
その場合は審査に落とされてしまわぬよう、事情を説明し何かしらの形で対処をすることが大事になってくるのだそうです。
嘘をついているのではないかと思われてしまわぬよう、給与が銀行振込の場合、通帳を提示するのもいい方法かもしれません。


嘘を書いたらどうなる?

無職なのに定職についているように書類へ記入したり、自営業をしていないのにしているかのような記入をするのはダメです。
虚偽申告は立派な詐欺行為私文書偽造の罪にあたるため、ご注意ください。
クレジットカードの審査に通るためには条件を満たして、嘘をつかず記入することが求められるんです。


Related Posts



Comments are closed.